index

もくじへ





about

about





daily

日々のこと





books

本のこと





shop

形あるもの





手っ取り早く

セーター
サイズとか 形 とか 
よりも
素材。

いい素材 ならば 欲しい と 思う。 

でかでか セーター 
でも 
 

セーターワンピース に すれば ね。

まだ 腕部分 も 待機中。



ワンピちょっと 分かり辛いけど、
セーターの 横幅 切った部分を
襟ぐり に 縫い付けた んだ〜。


 

best!



妹からの おあがり。
しばらく 着ていたけれど
やっぱり 自分でも しっくりこなかった。
しかも ちょっと 縮んで ピッチリサイズ だったし。

こういう時は 思い切って ハサミを入れる!



まずは 一番簡単な レッグウォーマーに。

あと、ヘアバンドも 作った。


そして これからが お楽しみの始まり。。。


そうだ、もう一人の妹が捨ててったカーディガンもあった。。。

カーディガン

ということで、
妹達から 逃れた?ニットから 
生まれた おちびちゃん。


ペコロス
眼は数珠玉、髪はビワの蕾!



んー まだまだ 生地は残ってる。。。
何かいいのないかなーーー と考えてたときに
はっ! と閃いた。

ベスト
ずっと 裸で 気になってたから よかった。
いいベストが出来た。

けど まだまだ 残ってるズタズタのセーターは 
やっぱり押入れの中で
いつか生まれ変わる時を準備万端で待ってる。。。。


 

ふくなんて

着物裏
この前 ちょっとした骨董市で 買った 小さなこれだけの布(着物の裏?)
×
ラオスで買ってそのままになってた シルクのショール

さあ これで 作りますよ

ふく。


リメイクワンピ?
 
あっという間に 出来上がり。
くっつけて まっすぐ 縫うだけ。
あと ちょっと 手縫いで 手直し。

着る人さえ よければ 
もっと 気軽で簡単で楽しい もの なんだと 思う。

 

フユリ 2

ということで、、、

冬は
古着屋さんや リサイクルショップがあると
うずうずして
いい素材の ニットがあったら
思わず 買ってしまう。




ふわふわ の肌ざわりのいいセーター
おっさん風。
これを じーーー っと見つめて
セーター 


カーディガンに!
変身。
リメイク

今回の
初の試み、
短冊状に裂く。

襟ぐりは
平織を 
袖口は
適当に結んで織る? を。。。

ちょっといいかんじになった。

ブローチ

フユリ 

寒いのは 本当に 嫌い

だけど

夏ではない
冬に出来る 楽しみ は 
実は いっぱいある。


私にとって
ニットのリメイクは
本当に色んなことに かまわないで
自由に 出来る
うれし たのし 作業の一つ。



妹が昔古着屋で買って
いらないと 残していった
ニットのジップアップ。

織ったような布地がいいのになぁ、、、と
捨てられずに 置いてあった。

今年こそ いざ と
じーーーっと 眺めて。。。
ジャケット 



ファスナー部分を生かして
バックに!
(ちょっといびつな)
ショルダー
袖は三つ編みにして肩紐に。

大きなカーディガン

ひとつから、、、、


まずは、 ショール 
カーディガン 


そして、そして、
ウール


まったく 端切れ 出さず!


シルクのおかげ

 タンクトップ

メッシュのタンクトップ
すごーーく安い値段で 古着屋さんで買って たのを 、、、



リメイク

変身っ。
かなりイメージチェンジ。



シルク

今 私達の注目の的、シルクの切れ端を
あしらって。
と言ってみたが、ただの チクチク手縫い。

ふわふわ です。


ダイヘンシン!?

 本当は、、、
こういう 用途。
イスラム


だけど ニッポンでは ちょっと、、、なので、
こちらへ。

帽子

やった!



私がチクチクしているのを横で見ていた じいちゃんに
キラキラの刺しゅうを
底にしてしまうのは もったいないと
何度も 言われた。。。




こんなにまでして、、、

ピンクタイツ思いついた時は、

もう

やった!

って感じだったけど

これって 

貧乏性、、、?

私の タイツ

だいたい 親指あたりが 薄くなる

ので



穴カバー羊毛フェルトでカバーしてみた。

これなら 

さらにあったかいし

まだまだ 履ける。

“あなたの 指先  あったかばー します”
ってキャッチフレーズで

そんな サービス始めよっかな

と思ってみたが

意外と むつかし かった。

アオギリボウシ

ジイソックス

スウェーデンンの おじいちゃんの  おっきな 靴下。
つぎあて つぎあて 履いた部分だけ切り取って
「 おみやげ 」 と
渡された時は
さすがの 私も 一瞬 ひるんでしまって
ずうっと そのまま しまっておいた。

ある時 ふと 思いだして
手が勝手に動いて(?)出来た
異国の(?)女の子(?)




 

| 1/2PAGES | >>