index

もくじへ





about

about





daily

日々のこと





books

本のこと





shop

形あるもの





お揃いという 欲

うどん屋さんの 軒下に
箱が置いてあって
覗いたら 本当に古い本達が 入っていた。
1冊 30円。

わぁ 武者さんの本だ。
最近、武者さんのこと 忘れてたなぁ。
「真理先生」かぁ。
そりゃあ 買う!

武者小路


カバーもないし、表紙も折れてて、
結構ボロボロの本。
そりゃあ 製本し直すよ!


実篤

表紙はこの布にする! って なぜか 始めから
決まっていた。
リサイクルショップで買った古い着物。
空想先生なら 青だ、、って 勝手に思ってたのは、
ただ、空想先生の「空」のイメージだけなのかもな。。。


ハードカバー

読んで行くと
やっぱり 武者小路実篤すきだなぁ、、、
と ひしひし じわじわ。

そして、そして、真理先生が好き過ぎて、、、

空想先生


なんと お揃いのワンピ―ス まで 作ってしまった。
同じ過ぎて分かり辛いですが。。。

真理先生と お揃い。
ふふふ。
この上なく、嬉しい。
 
  • 2015.07.18 Saturday

お祝いの品

母の還暦のお祝い。
考えて 考えて
姉妹で コラボ作品を一つ作ろうと。


アルバムにしよう って言ってるのに、
ちいちゃんが 作って来たのは、
暑さ3cm 以上もある 桐の箱。
えーーー! これを アルバムに収めろと?!
無茶な。。。
還暦
と わめきながら、
強引に、、、。

箱入り


新しい
幸せな 日々の
欠片を 入れるための
アルバム

アルバム
テキスタイル: nanami 
製本:hisami
box:chihiro


ほんとうに ほんとうに
すべてのパーツで 一つだけ。



 
  • 2015.02.09 Monday

久しぶりの手

友人の結婚のお祝い。
私に出来る贈りものを と考えて
アルバムを 作った!

実は、愛媛に帰って来て以来
製本を全然してなかった。
1年以上ぶりに 手を動かしたら
すごく楽しくて 
ただ 基本の製本なのに
作りながらワクワクした。
出来上がって 勝手に自分で 惚れ惚れした。
アルバム

そして 何だか めっちゃ嬉しかった。
(ゴールドで入れた文字が少し見え辛かったのが、、、残念)

ギフトwedding

これからの 二人の新しい生活のアルバム。
 
  • 2014.12.25 Thursday

ラオスのひろいもらいもの

アルバム
旅中はワクワクしながら拾ったり、
もらったりしたものが、
家に帰ると行き場がなくてただのゴミになってしまうのを
阻止するための本!


laos  拾い物

中に貼り付けるものの 厚みを考慮して
 段ボールの厚みを利用して 背にする。
 
 段ボールさまさま。

 これも これも 貼り付けちゃえー と 増やしていったら
 こんなに 分厚い 本?! に なっていた。

ではでは 中の一部を 公開。


ひろう ラオスの村を歩いていたら 
 草村の中にトランプが、、、。 
 道端にも。。。

 始めは 出会う度に
 嬉しくって 拾っていた。
 
 今のラオスの子供の間で
 一番流行ってる遊びは
 トランプ と ゴム飛び だった。 
 (私の勝手な調査による)

 あまりにも あちこちで
 この ボロボロになった トランプに 出会うので、
 後半からは もう 拾うのを やめて しまった。。。
 しかし、こんなにもトランプを欠いて いて ラオスのトランプの遊びは 成り立つのか?!?


スクラップ
色んな 実。
木からぶら下がっていたものと
拾った もの。

かなり 分厚さがあったけど
貼り付ける!

 
スクラップ ←まるで 木切れ のような 何かの実のさや。
 ワットプー という世界遺産の遺跡に行った時に
 見つけて拾っていたら、
 この中の豆はお菓子にするんだ と
 どこかのツアーガイドさんが 教えてくれて、
 色々話してたら、 
 僕のガイドから 情報を得たんだから
 お金払えって 冗談で言われた 
 思い出。。。  
 
 タマリンドの実と 大きな 葉っぱ。

おみやげ
ラオスのマッチと タバコ の箱。

そして、 あちこちで 見かける
ラオビアー の トラマーク 蓋。

モン族の刺繍を一杯売ってるお店で 
買い物したら、くれた 
ハートのオーナメント と

ラオスに行った目的の
ナイトマーケットの おばちゃんが
くれた
数珠 と キーホルダー
も 
強引に くっつけた。
 
ちなみに 表紙に使っているのも、 
もらったキーホルダーを解体したもの、 と
ラオスの首都ビエンチャンの町を歩いていた時に
拾った 謎の 実?!
これは なんだ!?
とかなり 物議をかもしたけど
結局何か分からなかったな。



 
この 本は 
私の 魔法のランプ になった。




 
  • 2013.11.20 Wednesday

ラオス アルバム 2

モン族
一冊だけでは とてもじゃないけど 
ラオスの写真を収めきれないっ!?
ということに 気づいたのと、
アルバム部分の糊付けや 紙の折り方があまり上手く出来ず、
もう一度 リベンジしたかったため 
2冊目のラオス アルバム。
今度は、モン族の刺繍の布を表紙に。
直接ダンボールに縫い付けることにした。
モン族の大胆な色使いを真似て 
私もカラフルな糸でかなりラフに刺繍した。

少数民族一枚の段ボールに 
表紙のもう一枚の段ボールを貼り付け、
背は そのまま 段ボールを潰して
動き易いようにした。














 
アルバム
1冊目よりは 上手く行ったが
やはり 難しかった。

紙を折って 貼り付けるだけ。
と 甘く見ていたら
とても 奥深く そう簡単には いかなかった。 
いつまでたっても
紙 と 糊の 関係を 理解するのは まだまだだなぁ、、、 と 実感。







段ボールそう、そもそも この表紙に使った モン族の刺繍の布きれ。
マーケットなどで 色んな人が売っているのを見かける。
そのデザインや色遣いや、刺繍の具合など、、、
ほんとーーに 色々あって、
一つを選ぶのがかなり 大変なのだけど、
私が、これにする! と決めた理由がある。
それは、右下。
よーく見ると、、緑の象がいた! のだ。
緑の布地に同じ緑色で刺繍しよう、、、なんて
普通の人だったら しない、、、。
このセンスに やられてしまったのだ。






グリーンエレファント裏表紙には、、、
その象さんに こっそり抜け出してもらった。

ダンボールに四角に切り込みを入れて
その中だけを 押し潰す。
薄くなっているので、刺繍しやすくなった。

こうして、
切り込んだり、押し潰したりして
凹凸を簡単に作れるところが
ダンボールの 魅力だなぁ と
実感し
もっと 色々 試してみたくなった。


緑のぞう

どちらも かなり存在感のある
特別な ラオスアルバム が 出来上がった。


 
  • 2013.11.13 Wednesday

ラオス アルバム1

ラオス ラオス旅行中に ずっと 持ち歩いていたノート。
 行った所、食べたモノ、出会った人、買った物 etc... を記載したり、
 ラオス語を書いてもらったり、お金の計算をしたり、、、。

 アルバムを作ろう と思った時に、
 ふと このノートも一緒に したい と思った 
 
 というより
 
 ラオスの旅が とても 濃過ぎて
 そんなアルバムの表紙 として
 適当なものが見当らなかった から 
 なのかも しれない。

 この鉛筆は ラオスで購入。



ダンボールの訳は、、、
なんと、旅行三日目にして、前日泊まったホテルに持って来ていた筆箱を忘れてしまった。
筆記具や文具等を失って、、、泣く泣く ラオスのタバコ屋みたいなところで、
鉛筆 一本を 購入。
それから後の日々は、ずっと この鉛筆 1本で。。。
表紙を作り終えてから、
あーーー!この鉛筆も一緒にしておきたかった! と気付いたけれど
すでに 遅し。。。
こちらも 泣く泣く 背にひもを取り付け くっ付けた。




ラオスアルバムラオス という国が 今までの自分の経験を超えたところにあって
何だか 特別すぎて、、、
そのイメージを形にするのに苦労した。
ゆるくて はちゃめちゃで、、、
そんな ラフな感じを出したかったので、初めて段ボールを素材に。

見た目の割に 軽くて カジュアル。

ただ、段ボールを使用して
安っぽくなるのは嫌だったので、革を貼った。
ノートを入れ込むため 表紙は2枚重ね。
背は革のみ。


アルバム段ボールは簡単 というイメージを持っていたが、、、自分の思い通りにさせるのは
とても手強い素材だった。

ラオスの少数民族 の民族衣装をイメージして、
刺繍を施した。

ノートは毛糸を巻いたゴムで止まるようになっている。

写真が 見開き 12枚貼れるように
大きなサイズのアルバムを作ったが、
撮った写真の枚数の何十分の一しか
収められなかった。。。

 
  • 2013.11.06 Wednesday

ルルへ

 遺影
私はこの箱の前で 手を合わせる。


ルル
お墓とか仏壇とか ではなく
こういうものがあっても いいじゃないか。。。



遺骨

実家から
このフィルムケースが送られて来てから
ずっと 入れ物が欲しかった 。

すごく 特別で
存在感のある 
でも 静かにたたずんでいて
ちゃんと こっちを 見ている
そんな 箱。


大切

箱の中は 妹 sun and snow のブロックプリント。
そして、ふかふかの苔?を敷いた。

この箱を作り始めて完成すること。
それは 自分にとっても
何だか意味のある 時間だった。

  • 2012.10.02 Tuesday

おなおし 4

 特にキャラクターものに興味はないのだけど
なぜか 惹かれてしまう時 っていうのが ある。
そういう時は 明らかに
幼い頃の私がどこかから 出て来て
引っぱってる とき。。。

この本を見た時も
もう 手放せなくなってしまった。
メロディーちゃん。
その頃、マイメロなんていう略し方なんてなかったなぁ。

でも、このメロディーちゃん、
なんか 違う。。。何か変。

そう言えば
このキャラクターは日本のサンリオのもの なはず。
あれ?
この本はNew York で出版され
illustrated by Carolyn Bracken となってる。    

コピーライトはサンリオって書かれてるけど。。。


もしかして、これ、ミッフィーを意識した?
と誰しも思う様な
すこし ゆれた線と色使い。
そして、本の大きさも。
でも絵も良く見たら おかしなところがいっぱいの
愛すべき 本だった。


NY

買ったときから みぞがやぶれ背表紙が外れかけてたので、
紺色のクロスでみぞと角を補強。


マイメロ

見返しも 新しく。
めちゃかわいい! と自分で嬉しくなる。


メロディ

一番最後のページのメロディーちゃん。
「バイバイ」
がなんか ムキっとしてて
やっぱり なんか 違うんだよなー
私の知ってるメロディーちゃんとは。。。


  • 2012.09.10 Monday

おなおし 3

今度は、なんと 図書館のリサイクル本で見つけた
「ひよこと麦ばたけ」

これはチェコの詩人 フルビーンと
またまた クルテクの作者ミレルのコンビの絵本。
これを見つけたときは
やった! って感じだった。

ひよことむぎばたけ

図書館用のビニールコーティングがカバーの上からされていたので、
カバーをとったら、 すごく キレイになった。


図書館

昭和57年のクリスマスに
この本が 玉川台図書館に来たのか。。。

やっぱり 昔の紙の方が ずっといい。
今の絵本は どうも 紙が つるつるで嫌なんだよな。。。


ミレル

見返しは、小さないっぱいの花に。



  • 2012.07.15 Sunday

おなおし 2

 これも チェコで買った クルテクのボードブック。
もう、ボロボロ とは このこと。
クルテク

どうやって直そうかずーーっと考えていたけど
このこが 上手く生き返る方法が
どうも 見当たらなかった。
破れかかっていた背のクロスを取るところまではしたけれど
何ヶ月も時が流れていた。
そもそも これが 
新しくきれいになることは 不可能だし
そもそも 私は それを望んでない。
このボロボロのままで
これ以上 痛まないで いてほしい。

そして、
結局 ほとんど何も変えないでおこうということにした。

修復

元の通りに、背のクロスを貼り変えるだけ。
でも、ぴったりの色のクロスがあって
見てるだけで 嬉しくってたまらなくなった。
(何なのだろう この感情、、、)

もぐらくん
  • 2012.07.05 Thursday

| 1/3PAGES | >>