index

もくじへ





about

about





daily

日々のこと





books

本のこと





shop

形あるもの





久しぶりの手

友人の結婚のお祝い。
私に出来る贈りものを と考えて
アルバムを 作った!

実は、愛媛に帰って来て以来
製本を全然してなかった。
1年以上ぶりに 手を動かしたら
すごく楽しくて 
ただ 基本の製本なのに
作りながらワクワクした。
出来上がって 勝手に自分で 惚れ惚れした。
アルバム

そして 何だか めっちゃ嬉しかった。
(ゴールドで入れた文字が少し見え辛かったのが、、、残念)

ギフトwedding

これからの 二人の新しい生活のアルバム。
 
  • 2014.12.25 Thursday

ふくなんて

着物裏
この前 ちょっとした骨董市で 買った 小さなこれだけの布(着物の裏?)
×
ラオスで買ってそのままになってた シルクのショール

さあ これで 作りますよ

ふく。


リメイクワンピ?
 
あっという間に 出来上がり。
くっつけて まっすぐ 縫うだけ。
あと ちょっと 手縫いで 手直し。

着る人さえ よければ 
もっと 気軽で簡単で楽しい もの なんだと 思う。

 

ラオスのひろいもらいもの

アルバム
旅中はワクワクしながら拾ったり、
もらったりしたものが、
家に帰ると行き場がなくてただのゴミになってしまうのを
阻止するための本!


laos  拾い物

中に貼り付けるものの 厚みを考慮して
 段ボールの厚みを利用して 背にする。
 
 段ボールさまさま。

 これも これも 貼り付けちゃえー と 増やしていったら
 こんなに 分厚い 本?! に なっていた。

ではでは 中の一部を 公開。


ひろう ラオスの村を歩いていたら 
 草村の中にトランプが、、、。 
 道端にも。。。

 始めは 出会う度に
 嬉しくって 拾っていた。
 
 今のラオスの子供の間で
 一番流行ってる遊びは
 トランプ と ゴム飛び だった。 
 (私の勝手な調査による)

 あまりにも あちこちで
 この ボロボロになった トランプに 出会うので、
 後半からは もう 拾うのを やめて しまった。。。
 しかし、こんなにもトランプを欠いて いて ラオスのトランプの遊びは 成り立つのか?!?


スクラップ
色んな 実。
木からぶら下がっていたものと
拾った もの。

かなり 分厚さがあったけど
貼り付ける!

 
スクラップ ←まるで 木切れ のような 何かの実のさや。
 ワットプー という世界遺産の遺跡に行った時に
 見つけて拾っていたら、
 この中の豆はお菓子にするんだ と
 どこかのツアーガイドさんが 教えてくれて、
 色々話してたら、 
 僕のガイドから 情報を得たんだから
 お金払えって 冗談で言われた 
 思い出。。。  
 
 タマリンドの実と 大きな 葉っぱ。

おみやげ
ラオスのマッチと タバコ の箱。

そして、 あちこちで 見かける
ラオビアー の トラマーク 蓋。

モン族の刺繍を一杯売ってるお店で 
買い物したら、くれた 
ハートのオーナメント と

ラオスに行った目的の
ナイトマーケットの おばちゃんが
くれた
数珠 と キーホルダー
も 
強引に くっつけた。
 
ちなみに 表紙に使っているのも、 
もらったキーホルダーを解体したもの、 と
ラオスの首都ビエンチャンの町を歩いていた時に
拾った 謎の 実?!
これは なんだ!?
とかなり 物議をかもしたけど
結局何か分からなかったな。



 
この 本は 
私の 魔法のランプ になった。




 
  • 2013.11.20 Wednesday

ラオス アルバム 2

モン族
一冊だけでは とてもじゃないけど 
ラオスの写真を収めきれないっ!?
ということに 気づいたのと、
アルバム部分の糊付けや 紙の折り方があまり上手く出来ず、
もう一度 リベンジしたかったため 
2冊目のラオス アルバム。
今度は、モン族の刺繍の布を表紙に。
直接ダンボールに縫い付けることにした。
モン族の大胆な色使いを真似て 
私もカラフルな糸でかなりラフに刺繍した。

少数民族一枚の段ボールに 
表紙のもう一枚の段ボールを貼り付け、
背は そのまま 段ボールを潰して
動き易いようにした。














 
アルバム
1冊目よりは 上手く行ったが
やはり 難しかった。

紙を折って 貼り付けるだけ。
と 甘く見ていたら
とても 奥深く そう簡単には いかなかった。 
いつまでたっても
紙 と 糊の 関係を 理解するのは まだまだだなぁ、、、 と 実感。







段ボールそう、そもそも この表紙に使った モン族の刺繍の布きれ。
マーケットなどで 色んな人が売っているのを見かける。
そのデザインや色遣いや、刺繍の具合など、、、
ほんとーーに 色々あって、
一つを選ぶのがかなり 大変なのだけど、
私が、これにする! と決めた理由がある。
それは、右下。
よーく見ると、、緑の象がいた! のだ。
緑の布地に同じ緑色で刺繍しよう、、、なんて
普通の人だったら しない、、、。
このセンスに やられてしまったのだ。






グリーンエレファント裏表紙には、、、
その象さんに こっそり抜け出してもらった。

ダンボールに四角に切り込みを入れて
その中だけを 押し潰す。
薄くなっているので、刺繍しやすくなった。

こうして、
切り込んだり、押し潰したりして
凹凸を簡単に作れるところが
ダンボールの 魅力だなぁ と
実感し
もっと 色々 試してみたくなった。


緑のぞう

どちらも かなり存在感のある
特別な ラオスアルバム が 出来上がった。


 
  • 2013.11.13 Wednesday

ラオス アルバム1

ラオス ラオス旅行中に ずっと 持ち歩いていたノート。
 行った所、食べたモノ、出会った人、買った物 etc... を記載したり、
 ラオス語を書いてもらったり、お金の計算をしたり、、、。

 アルバムを作ろう と思った時に、
 ふと このノートも一緒に したい と思った 
 
 というより
 
 ラオスの旅が とても 濃過ぎて
 そんなアルバムの表紙 として
 適当なものが見当らなかった から 
 なのかも しれない。

 この鉛筆は ラオスで購入。



ダンボールの訳は、、、
なんと、旅行三日目にして、前日泊まったホテルに持って来ていた筆箱を忘れてしまった。
筆記具や文具等を失って、、、泣く泣く ラオスのタバコ屋みたいなところで、
鉛筆 一本を 購入。
それから後の日々は、ずっと この鉛筆 1本で。。。
表紙を作り終えてから、
あーーー!この鉛筆も一緒にしておきたかった! と気付いたけれど
すでに 遅し。。。
こちらも 泣く泣く 背にひもを取り付け くっ付けた。




ラオスアルバムラオス という国が 今までの自分の経験を超えたところにあって
何だか 特別すぎて、、、
そのイメージを形にするのに苦労した。
ゆるくて はちゃめちゃで、、、
そんな ラフな感じを出したかったので、初めて段ボールを素材に。

見た目の割に 軽くて カジュアル。

ただ、段ボールを使用して
安っぽくなるのは嫌だったので、革を貼った。
ノートを入れ込むため 表紙は2枚重ね。
背は革のみ。


アルバム段ボールは簡単 というイメージを持っていたが、、、自分の思い通りにさせるのは
とても手強い素材だった。

ラオスの少数民族 の民族衣装をイメージして、
刺繍を施した。

ノートは毛糸を巻いたゴムで止まるようになっている。

写真が 見開き 12枚貼れるように
大きなサイズのアルバムを作ったが、
撮った写真の枚数の何十分の一しか
収められなかった。。。

 
  • 2013.11.06 Wednesday

<< | 2/13PAGES | >>