index

もくじへ





about

about





daily

日々のこと





books

本のこと





shop

形あるもの





フユリ 2

ということで、、、

冬は
古着屋さんや リサイクルショップがあると
うずうずして
いい素材の ニットがあったら
思わず 買ってしまう。




ふわふわ の肌ざわりのいいセーター
おっさん風。
これを じーーー っと見つめて
セーター 


カーディガンに!
変身。
リメイク

今回の
初の試み、
短冊状に裂く。

襟ぐりは
平織を 
袖口は
適当に結んで織る? を。。。

ちょっといいかんじになった。

ブローチ

フユリ 

寒いのは 本当に 嫌い

だけど

夏ではない
冬に出来る 楽しみ は 
実は いっぱいある。


私にとって
ニットのリメイクは
本当に色んなことに かまわないで
自由に 出来る
うれし たのし 作業の一つ。



妹が昔古着屋で買って
いらないと 残していった
ニットのジップアップ。

織ったような布地がいいのになぁ、、、と
捨てられずに 置いてあった。

今年こそ いざ と
じーーーっと 眺めて。。。
ジャケット 



ファスナー部分を生かして
バックに!
(ちょっといびつな)
ショルダー
袖は三つ編みにして肩紐に。

ルルへ

 遺影
私はこの箱の前で 手を合わせる。


ルル
お墓とか仏壇とか ではなく
こういうものがあっても いいじゃないか。。。



遺骨

実家から
このフィルムケースが送られて来てから
ずっと 入れ物が欲しかった 。

すごく 特別で
存在感のある 
でも 静かにたたずんでいて
ちゃんと こっちを 見ている
そんな 箱。


大切

箱の中は 妹 sun and snow のブロックプリント。
そして、ふかふかの苔?を敷いた。

この箱を作り始めて完成すること。
それは 自分にとっても
何だか意味のある 時間だった。

  • 2012.10.02 Tuesday

おなおし 4

 特にキャラクターものに興味はないのだけど
なぜか 惹かれてしまう時 っていうのが ある。
そういう時は 明らかに
幼い頃の私がどこかから 出て来て
引っぱってる とき。。。

この本を見た時も
もう 手放せなくなってしまった。
メロディーちゃん。
その頃、マイメロなんていう略し方なんてなかったなぁ。

でも、このメロディーちゃん、
なんか 違う。。。何か変。

そう言えば
このキャラクターは日本のサンリオのもの なはず。
あれ?
この本はNew York で出版され
illustrated by Carolyn Bracken となってる。    

コピーライトはサンリオって書かれてるけど。。。


もしかして、これ、ミッフィーを意識した?
と誰しも思う様な
すこし ゆれた線と色使い。
そして、本の大きさも。
でも絵も良く見たら おかしなところがいっぱいの
愛すべき 本だった。


NY

買ったときから みぞがやぶれ背表紙が外れかけてたので、
紺色のクロスでみぞと角を補強。


マイメロ

見返しも 新しく。
めちゃかわいい! と自分で嬉しくなる。


メロディ

一番最後のページのメロディーちゃん。
「バイバイ」
がなんか ムキっとしてて
やっぱり なんか 違うんだよなー
私の知ってるメロディーちゃんとは。。。


  • 2012.09.10 Monday

おなおし 3

今度は、なんと 図書館のリサイクル本で見つけた
「ひよこと麦ばたけ」

これはチェコの詩人 フルビーンと
またまた クルテクの作者ミレルのコンビの絵本。
これを見つけたときは
やった! って感じだった。

ひよことむぎばたけ

図書館用のビニールコーティングがカバーの上からされていたので、
カバーをとったら、 すごく キレイになった。


図書館

昭和57年のクリスマスに
この本が 玉川台図書館に来たのか。。。

やっぱり 昔の紙の方が ずっといい。
今の絵本は どうも 紙が つるつるで嫌なんだよな。。。


ミレル

見返しは、小さないっぱいの花に。



  • 2012.07.15 Sunday

<< | 3/13PAGES | >>